[PR]3
24

〜2007年 春合宿感想〜



今回の合宿では、とくに基本の大切さについて考えさせられました。
目先の技ばかりに気をとられず、自分の技を一からしっかり見直していきたいと思います。
そして、一ヵ月後の二部連でいい成績を残せるよう、日々の稽古に精進していきたいと思います。
お忙しい中とは存じますが、御指導、御鞭撻の程、よろしくお願い致します。
(三年 安孫子)



今回の合宿では、基本を中心に稽古しましたが、まだ基本ができていないと感じました。
特に、逆突きの時の後ろ足をはるということがよくできていませんでした。
しかし、合宿最終日では、川島先生、藤谷師範、OBの先輩方のご指導のおかげで、
だいたいできるようになったので、今後は教えてもらったことを忘れずに、稽古していきたいと思いました。
(三年 齊藤)



今回の合宿は、自分の空手人生の中で最も辛く、最も充実した合宿でした。
まずは、統制として練習を活気づけ、部の実力の底揚げを目指すという点はどうにか達成できたと思います。
次に自分の目標、これは相手の逆突きを怖がらずに思いきり刻みなり逆突きなりを突きこむというものだったのですが、
ほんの1・2本だけうまくいきました。しかし、気持ちは思い切りいったのですが、どこか怖がった面があったのか
基本で散々やった後ろ足を突っ張るということが全然できていなかったそうです。
なので、及第点には達しませんでした。次の日野市民大会で、この悪い点を直した試合ができるよう努力します。
最後に、お忙しい中ご指導にいらっしゃったOBの先輩方、本当にありがとうございました。
(三年 劉)



今回の合宿は、久しぶりの参加ということもあり、自分の未熟さを実感する合宿になりました。
特に蹴りについては、多くの先輩方に個別にご指導頂き、自分の課題の多さを感じました。
当面は、蹴りを中心とした下半身強化のメニューに取り組み、引き足、腰の入れ方、足の張り、
軸の構築等の技術に磨きをかけたいと思います。また、組手においても下半身の弱さが如実に現れる結果となったので、
合わせて走り込みや筋肉トレーニングを行い、身体面の充実を図ろうと思います。
以上の合宿で見つけた課題を、今後の練習に活かし稽古に臨んでいきたいと思います。
ご指導、ありがとうございました。
(三年 山田)



今回の合宿は、大きい収穫があった3日間でした。
基本を中心とした稽古だったので、自分の問題点が分かり、非常に有意義な時間を過ごせました。
今後は、基本や組手、形の稽古をこなしていき、自分の短所を出来るだけ少なくしていきたいです。
また、多くのOBの先輩方にご指導いただけたことは、自分を含め学生にとって貴重な経験となりました。
誠にありがとうございました。今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。
(三年 田中)



今回の合宿では、今まで以上に気合いが入りました。
また、稽古以外でも、貴重なお話を伺え、大変有意義なものとなりました。
合宿で学んだことを忘れずに、気を引き締め、普段の稽古に望んでいきたいです。
(三年 矢久保)



今回の合宿では、自分がまだまだ基本が出来ていないということを実感しました。
学校の練習でも、一から自分を見直し、稽古に励んでいきたいと思います。
(三年 横川)



自分は、3年になって初めて春合宿に参加しました。
わたしの足腰は、鍛えられました。初日の3連蹴りはとてもきつかったです。
最終日には、伴監督にマンツーマンで指導していただいて、大切な時間を過ごすことができました。
OB・OGの先輩には大変たくさんのことを教えて頂き感謝します。
練習は予想通りハードで、自分の足が言うことをきかなくなって、情けなくなりました。
くやしいので、今は毎日スクワットを欠かさずやっています。練習はつらかったけど、ごはんはおいしかったし、
海にも行けたし、先輩方にもお会いできたので、いい思い出になりました。
週に一回か二回しか顔あわせないけど、それにもかかわらず部員のみんなは自分を支えてくれました。
このメンバーで、ずっと空手したいなと思いました。
(三年 稲田)



今回の合宿の目標は『下半身の強化』でした。
突くときの腰の入れ方が弱いのと、運足で足が浮いてしまうのと、蹴りや運足のスピードが遅いのが理由です。
合宿では、OBの先輩方や仲間にたくさんアドバイスしていだだき練習に励みました。目標としていた点は以前より改善されました。
今回の練習で学んだことは今後、幾度も繰り返し練習したいです。
(三年 梅沢)



今回の春合宿は、気合いが入っていてとても実りあるものだったと思いました。
自分自身にも課題がたくさん見つかったのでこれからも努力していきたいです。
(二年 安田)



自分は合宿初参加ですが、普段の稽古以上の熱気、気合いに圧倒されて驚きました。
正直、ついていくことに必死でした。しかし、先生、先輩方のご指導のもと、3日目までやりきったあとの達成感は、
今まで感じたことのない最高のものでした。この合宿で感じた気持ちを忘れず、通常の稽古にも精進していきたいと思います。
(二年 矢田)



OBの方々につきっきりで指導していただいたお陰で、自分の弱点を多く見つける事ができました。
普段の練習で、これらの弱点を意識し、直していきたいです。
(二年 中村)



今回の合宿では自分の基本の未熟さを再確認しました。
移動のときに足をふみかえたり、まだまだ腰を入れるのが不十分だったりと自分では気付かなかった癖を指摘され、
注意して練習に取り組むことができました。また、基本のときに仮想の敵に対して突いたり蹴ったりするという意識が、
組み手の上達に通じるということを実感しました。合宿での勢いをこれからの稽古に繋げていき、一歩一歩強くなりたいと思います。
最後になりますが、合宿に来てくださったOBの方々、ご指導ありがとうございました。
(二年 伊藤)



今回の合宿では基本を中心とした稽古を行いましたが、正直自分はついていくのがやっとの状況でした。
注意するべき点もおろそかになりがちで何度も同じミスをしてしまい、自分がどれだけ基本ができていないかを思い知りました。
今回の合宿で学んだことを今後活かせるよう、日々の稽古に一層精進しようと思います。
御指導にいらして下さった川島先生をはじめ諸先輩方、本当にありがとうございました。
(二年 佐藤)



今回は、自分が糸東会に入って二度目の春合宿ということで、去年とは違い上級生の先輩方に混じって稽古をしたのですが、
先ず体が付いて行きませんでした。無い体力を振り絞って挑んだつもりなのですが、三回連続で蹴る筈が2回になってしまったり、
蹴れたと思ったら引き足がおなざりになってしまったりと、かなり無様です。二部連まであまり時間が無い中で、
OBの先輩方がご指導下さったことを頭の中に入れて、日々精進していきたいと思って居ります。
(二年 多田)



今回の合宿の目標は「試合になる組手ができるようになること」でしたが、
合宿中の稽古で自分はまだまだ基本が出来ていないことを痛感しました。
空手を始めて1年たちましたが、気を抜くことのないよう今後の稽古に励みたいと思います。
(二年 細野)



今回、初めての合宿でした。
体が鈍っていて、思ったように動けませんでしたが、OBの先輩方に指導していただき、とてもいい練習ができました。
基本動作がいかに大切かよく分かりました。正直かなり疲れましたが、すごく充実した楽しい合宿でした。
この合宿を今後の練習に生かしていきたいです。
(一年 加藤)





2007年春合宿アルバムへ戻る